ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 移住・定住先輩インタビュー vol.2

移住・定住先輩インタビュー vol.2

印刷用ページを表示する掲載日:2017年8月15日更新

兵庫県から廿日市市へ移住 Oさんファミリー

 広島市の郊外に住むよりも、廿日市市の駅近物件の方が通勤に便利。

Oさんファミリー GOOD POINT

職場からの距離ではなく、所要時間を重視

 最初は転勤先となる職場周辺の広島市西部の物件をリサーチしましたが、駅近、築浅など、条件にマッチする物件が見つからなくて、探すエリアを拡大。
 今の物件に出会いました。

 通勤で利用するJRの駅も徒歩圏内で、乗車時間もたったの10分
 駅が多いのでラッシュ時も余裕があり、通勤も快適です。

 大事なのは、職場からの距離ではなく、所要時間なんだと改めて実感しました。
 エリアを限定せず、幅広く探すことが良い物件に出会うポイントですね。

地域の支援が手厚い

 出産のときは市の「ファミリー・サポート・センター」に登録。
 育児などを地域の人がボランティアで支援してくださる会員組織で、相談相手が身近にいてくれたことがとても心強かったですね。

 いろいろな場所に転勤してきましたが、これほど、地域の支援が手厚い環境は、初めてです。

廿日市市を選んだPOINT!

  1. 住宅街と駅が近接。通勤に便利!
  2. 住民同士の絆が深まるイベントが多彩!
  3. 子育て支援が充実!地縁がなくても安心。

 エリアごとの特徴が分かる、「ぎり街」、「なぎな海・島」、「ちいと山」、「ぶち山」のページもご覧ください。