ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > ふるさと学習先進事例発表会

ふるさと学習先進事例発表会

印刷用ページを表示する掲載日:2017年8月7日更新

 授業で地域のことを学習させたい学校と、子どものときから廿日市市に関心を持ってもらいたい市役所が、一部の学校で連携して「ふるさと学習」に取り組んできました。

 「ふるさと廿日市」の魅力や課題を、市内の小中高校生の視点で調べた成果を発表します。
 私たちも知らなかった廿日市の魅力や地域づくりのヒントがきっと見つかります。
 ぜひ来場してください。  

とき

 平成29年3月18日(土曜日) 10時~12時
 開場:9時30分

ところ

発表内容

四季が丘絆プロジェクト―Let's防災―

四季が丘小学校4年生

  コミュニティの防災の取り組みに関して教えていただいたことをきっかけに、防災訓練の必要性に気付いた子どもたち。
  「いつ起きるか分からない災害に備え、どう行動するべきか」に関して、調べ、考えたことを伝えます。

「大野のよさ」を発信 大野あさり&もみじ饅頭

大野東中学校1年生

  大野あさりは、なぜ他の産地よりおいしいのか…?
  もみじ饅頭の食べ比べ。食べ比べて気付いたことは…?
  郷土の特産品を通じて大野の魅力に迫ります。

地域の課題を解決する

廿日市高等学校1年生

  観光、高齢化など、廿日市市のこれからを考えてみました。
  地域の課題を解決するための、高校生の洞察・分析、そして発想力がすばらしい学習発表です。

入場料

 無料

申し込み

 不要

Adobe Reader(外部リンク)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)