ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > なぎな海・島

なぎな海・島

印刷用ページを表示する掲載日:2017年10月10日更新

瀬戸の穏やかな海を眺めながら。
潮の香りと、世界遺産「宮島」が身近にある暮らし。

 ふっと風がやんで波がなくなり、海面が静かになる状態を「凪(な)ぎ」といい、
 山に囲まれて弱い風が吹く瀬戸内海では、この凪ぎが長くはっきりと現れます。

 そんな優しい海に面したエリアで、廿日市市が他の瀬戸内地域と違うのは、
 日本三景・世界遺産の島、宮島があるということ。
 島内でも対岸でも、宮島とともに暮らす生活ができます。

 昔から続くカキやアサリ漁、伝統工芸品作りなどに加え、観光業に携わる人もたくさん。
 最近はカフェや雑貨、農業などで企業する若い人も増えています。

 歴史ある伝統と、新しい風が混ざり合う、宮島とその対岸地域。

 未来へのイメージが広がる、何かに挑戦したくなる、そんな雰囲気にあふれたエリアです。

なぎな海・島 なぎな海・島

こんな人にオススメ!

  • 暖かいところが好きな人
  • 釣りやマリンスポーツを日々楽しみたい人
  • 観光客向けビジネスを起業してみたい人
  • 宮島が好きな人

「なぎな海・島」暮らしを楽しむ人

檜谷美奈子さん

 老舗ホテルの若女将として東京からIターン。
 仕事を通じて人間関係が広がり、「何かやろうと思ったら叶う」生活を実感。

野村直さん

 「ありがとう」でつながる絆を大切にしたくて宮島でパン工房を創業。
 「困っていること」に寄り添いあう関係が地域の活性化につながれば。

甘く見てない?廿日市

 その他の動画は、甘く見てない?廿日市のページをご覧ください。