○廿日市市水道事業帳票管理規程

昭和57年4月1日

水道訓令第3号

(目的)

第1条 この規程は、帳票の管理について必要な事項を定め、帳票の単純化及び標準化並びに事務手続の合理化を行い、事務能率の向上を図ることを目的とする。

(一部改正〔昭和63年水道訓令4号〕)

(用語の定義)

第2条 この規程において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 帳票 帳簿、伝票及び届用紙その他これに準ずる事務用紙をいう。

(2) 帳票の様式 帳票に記入すべき項目並びにその配置及び間隔、使用する活字の種類及び大きさ、紙の仕上げ寸法及び紙質、刷り色等帳票を作成するために必要な要件をいう。

(帳票の取扱主任)

第3条 水道局に帳票取扱主任(以下「帳票主任」という。)を置く。

2 帳票主任は、業務課経営係長をもつて充てる。

(一部改正〔平成19年水道訓令4号〕)

(帳票の作成及び使用の規制)

第4条 帳票は、帳票登録簿に登録されたものでなければ作成又は使用してはならない。

(帳票の作成基準)

第5条 帳票は、別に定める「帳票作成基準」に基づいて作成しなければならない。ただし、法令の規定により帳票の様式が定められているものその他水道局長(以下「局長」という。)が、この基準により難いと認めるものについては、この限りでない。

(帳票の新設及び改正の手続)

第6条 帳票を新設又は改正しようとするときは、帳票設計用紙に帳票の様式及び帳票印刷上の指示事項を記入し、帳票主任の合議を得て、局長の承認を受けねばならない。

(登録)

第7条 帳票主任は、前条の規定により承認があつたときは、帳票登録簿に登録する。

(印刷請求手続)

第8条 帳票の印刷をしようとする者は、要求票に登録された帳票設計用紙の写し又は現物を添えて局長に請求しなければならない。

(校正)

第9条 印刷する帳票の校正は、帳票主任が行う。ただし、帳票の再印刷に当たつては主管課長が行う。

(一部改正〔昭和63年水道訓令4号〕)

(印刷後の手続)

第10条 主管課長は、帳票の印刷が終わつたときは、その帳票の現物2部を帳票主任に送付しなければならない。

2 帳票主任は、前項の規定により送付を受けた帳票の現物を、帳票登録簿とともに保管する。

(一部改正〔昭和63年水道訓令4号〕)

(帳票の作成数量の基準)

第11条 帳票の1回の作成数量は、その帳票の使用予定量及び次の改善時期並びに予算額を勘案して決定するものとし、1年分を超えない範囲での使用数量を基準とする。

(一部改正〔昭和63年水道訓令4号〕)

(帳票の廃止の手続)

第12条 帳票を廃止しようとするときは、局長の承認を得て、帳票主任に届け出なければならない。

2 帳票主任は、前項による届出があつたときは、その旨を帳票登録簿に記載し、別に保管しなければならない。

附 則

1 この訓令は、公布の日から施行する。

2 この規程施行の際、現に使用している帳票は、第4条の規定にかかわらずこの規程施行後においても使用することができる。

附 則(昭和63年4月1日水道訓令第4号)

この訓令は、昭和63年4月1日から施行する。

附 則(平成19年4月1日水道訓令第4号)

この訓令は、平成19年4月1日から施行する。

廿日市市水道事業帳票管理規程

昭和57年4月1日 水道訓令第3号

(平成19年4月1日施行)