○廿日市市立幼稚園保育料等徴収条例

平成17年10月3日

条例第93号

(趣旨)

第1条 この条例は、廿日市市立幼稚園(以下「幼稚園」という。)の保育料及び預かり保育料の徴収について必要な事項を定めるものとする。

(一部改正〔平成28年条例42号〕)

(保育料)

第2条 幼稚園の保育料の額は、0円とする。

(全部改正〔令和元年条例14号〕)

(預かり保育料)

第3条 幼稚園の預かり保育料の額は、園児1人につき日額400円(休業日については、日額600円)とし、保護者からこれを徴収する。

2 前項の規定にかかわらず、子ども・子育て支援法(平成24年法律第65号)第30条の4第2号に掲げる小学校就学前子どもに該当する施設等利用給付認定子どもに係る預かり保育料については、同法第30条の11第2項に規定する施設等利用費の額の限度において、これを徴収しないものとする。

3 保護者は、規則で定めるところにより、預かり保育料を納付しなければならない。

(一部改正〔平成28年条例42号・令和元年14号〕)

(預かり保育料の減免)

第4条 市長は、特別の理由があると認めるときは、預かり保育料を減免することができる。

(一部改正〔平成28年条例42号・令和元年14号〕)

(委任)

第5条 この条例の施行に関し必要な事項は、教育委員会が定める。

附 則

1 この条例は、平成17年11月3日から施行する。

2 この条例の施行の日前に、旧宮島町立宮島幼稚園の保育授業料及び預かり保育授業料徴収に関する条例(平成12年宮島町条例第27号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例の規定によりなされた処分、手続その他の行為とみなす。

附 則(平成28年12月22日条例第42号抄)

(施行期日)

1 この条例は、平成29年4月1日から施行する。

(経過措置)

3 第2条の規定による改正後の廿日市市立幼稚園保育料等徴収条例第2条及び第3条の規定は、施行日の属する月分以後の保育料及び預かり保育料について適用し、施行日の属する月の前月分までの保育料及び預かり保育料については、なお従前の例による。

附 則(令和元年9月30日条例第14号)

(施行期日)

1 この条例は、令和元年10月1日から施行する。

(保育料等に関する経過措置)

2 第2条の規定による改正後の廿日市市立幼稚園保育料等徴収条例第2条及び第3条の規定は、この条例の施行の日(以下「施行日」という。)の属する月分以後の保育料及び預かり保育料について適用し、施行日の属する月の前月分までの保育料及び預かり保育料については、なお従前の例による。

廿日市市立幼稚園保育料等徴収条例

平成17年10月3日 条例第93号

(令和元年10月1日施行)

体系情報
第11類 育/第2章 学校教育
沿革情報
平成17年10月3日 条例第93号
平成28年12月22日 条例第42号
令和元年9月30日 条例第14号